SZ Express により、ニッチなガジェットや電子部品を、プロのトレーダー価格で購入できます。本格的な個人輸入支援サイトです。
新鮮グッズをお届けいたします。
ソリューション画像
Skype Me™!
 アコードのVoIP 専門ページ
 台湾茶の個人輸入支援サイト
 iPhone4 ホワイト化計画
 ハイパワーWiFi専門ページ
 湯けむり泉遊会
 監視システムの全IP化
 最新デジタルサイネージ
 目指せ亜細亜の金満家
 南国台湾楽園生活
 悠遊村
 AT COM
 ARGtek
 名機AT-323の記事
 Gsky BackTrack 使い方記事
 Fusion IP-Phone SMART
 アジルネットワークス
 12VOIPのページ
 EFI-XのArt Studios のページ
 EFI-Xの日本語公式ページ
 IP PBX UsersのFB Page
ホームWhat's New
What's New
What's New:107
2010年02月06日
弊社の運営母体である、Akkord International Limitedの台湾、中国の営業所、そして、扱いメーカの多くが旧正月休み中は休暇に入ります。

SZ Expressは一部のウエブの更新、お問い合わせへの回答を除き、下記のスケジュールの間は出荷が全面的にできなくなります。

2月10日ー2月21日

本日からのご注文は、休み明け、すなわち21日以降になるものが多数になると思われますので、ご注文の際に個別にご確認ください。

ご迷惑をおかけ致しますが、なにとぞ、よろしくお願いいたします。
2010年01月08日

低価格であるが、本格的な応用の可能なIP-PBX Mini-100の日本語化が完成しました。

今後の出荷は、日本語、英語、中国語のGUI を切り替えてご利用になれます。

なお、音声ファイルの日本語化も着々とすすめており、2月からの出荷は、3種の言語が出荷時に選択できるようになります。

2009年12月25日
今年も残すところわずかとなりました。2009 年中にお客様からご愛顧いただきましたことに感謝申し上げます。

さて、年末年始は、1月1日元旦のみが中国、台湾では休日となっておりますが、それ以外の日は、注文受付、出荷も平常通り行います。

しかし、運送会社、税関、日本郵便などは、日本側での年末年始の休暇のため、配送がこの期間に跨ると、多少遅れることが予想されます。

2010年も引き続き、皆様のお役に立てれればと念願いたします。

2009年11月06日

GSKY-LINK GS27-USB50は台湾メーカーの中国生産品です。中国で非常に人気があり、有名ブランドに育った結果、多くの偽者、すなわちコピー製品が出回っております。台湾メーカですが、現在は100%中国製造です。ですから、Made in Taiwan 版は初期の生産品だけで、現在は市場には出まわっておりません。弊社の扱い品は正規代理店からの入荷品であり、また、出荷前に100%の目視検査を行い、偽者が混入することを万全の態勢で防ぐ努力をしております。安心して弊社でご購入ください。

なお、偽者の見分け方に関しては、以下をご覧ください。

http://blog.akkord.com/blog/index.php?itemid=244


弊社では、本製品に対して、出荷後10ヶ月間の無償保証期間を適用しております。通常のご使用の範囲で、故障や不具合が発生した場合は、無償修理または交換をいたしております。
2009年10月22日
10月21日に、同製品に本体同梱の5dBiアンテナの他に、9dBiの外部アンテナも付属すると、表示いたしましたが、その外部アンテナの利得の性能が満足いくものでなかったため、本日からは、GS-27USB-50本体のみの販売に変更させていただくとともに、価格も2,800円に変更させていただきました。同梱されている5dBiのアンテナで充分の性能が保てます。なお、その間に受注をいただいたお客様には個別に連絡をさせていただき、差額返金などの処置を取らせていただいております。

皆様方に大きな混乱をお掛けいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。
2009年10月01日
2009年10月1日より弊社の台湾分公司は下記の住所に移転いたしました。この移転に伴い、ご不便をおかけすることとは思いますが、なにとぞご容赦のほど、よろしくお願い申し上げます。


新住所と新電話番号:

香港商雅科国際有限公司台湾分公司
Akkord International (H.K.) Limited Taiwan Branch
台湾台北市北投区西安街一段15号2F
postal code 112

Tel: +886 2 2823 0120
Fax: +886 2 6602 1029
2009年10月01日
10月1日から10月6日まで、中国は大型連休に入ります。この間の出荷、入金確認作業などが、滞ります。台湾からの発送の品目に関しても、経理部門が中国にある関係上、多少の遅延などが予想されます。

皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、なにとぞ、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

2009年09月07日

EFi-Xの不良が多く発生しており、大変ご迷惑をお掛けいたしております。

EFi-Xを認識しなくなった、などのメーカーの設計不良、製造上の不具合に関しては、無償保証期間(お買い上げから1年間)内であれば、無償で交換または修理をいたします。返送方法などの規定は、こちらを参照ください。

http://www.szexpress.jp/page/4

弊社としては、弊社内でチエックし、ファームウエアーのアップデートなどで解決できるケースを除き、製造元のASEM Taiwanに修理依頼をし対応をいたしております。しかしながら、現在ASEM社も対応に追われており、2週間から4週間を要しております。悪しからずご了承をお願いいたします。

弊社が販売したものに限り上記の規定が適用されますが、他の代理店、共同購入でなどで購入されたものの修理に関しては、有償になりますが、ご相談には応じます。

なお、弊社としては、メーカーにおける、製品の品質が改善をされるまで、EFiXの継続販売は当面考えておりません。他の代理店や海外通販でお求めください。

 

2009年07月29日

米国ワシントン州の固定電話

米国の固定電話を持つと、米国の友人や取引先がコールするのに便利になるばかりでなく、諸外国との通話にこの番号をハブとして使うことで、相手方の国際通話料金が削減できます。

なぜなら、殆どの国で、対地が米国の場合は国際通話料金が一番安く設定されているからです。

SZ Express では、米国のワシントン州の固定番号の登録申請の代行業務を開始いたしました。どうぞ、ご利用ください。

 世界20カ国以上の固定電話

世界中でIP電話網の構築が進んでいます。そして、VoIP通話サービスがいろいろ登場していますが、その統一の手段はやはり従来のPSTN(公衆交換網)の番号です。SZ Expressでは、世界20カ国以上の固定電話 (DDI) の番号申請のサービスを初めました。これで、IP-PBX に複数の国の固定電話番号が登録でき、それぞれの国の人々からの通話を容易にできます。勿論この場合でも、アスタリスクなどのIP PBX はそれらの国に置かなくて構いません。あなたの家にあるいは、オフィスに置いても構いません。IP電話機に登録することもできます。

2009年07月21日
ITのマネージメントコストを下げる技術として、シンクライアントは長い間話題に登っていましたが、実現の壁がかなりあったことは事実です。

ハードのコストが高かったのがひとつの原因であると考えられます。

SZ Expressでは、あらたに低価格のシンクライアントの取り扱いを開始いたしました。
2009年07月17日

LinksysやCisco の再生品を別項目として独立させると同時にVoIP製品のサブカテゴリーを追加しました。目的の商品が、より簡単にお探しできます。

http://szexpress.ocnk.net/product-list/15

2009年07月06日
Linksys製品、Cisco製品など、中国がサプライ基地であることは良く知られています。SZ Expressでは、アウトレット品、再生品などとして、知名度のある製品ながら、価格を充分に抑えた製品をソーシンングしております。

また、IP PBXもいよいよ、手の届く価格になってきました。3万円でおつりの来る低価格。しかも、場所も電力も食わない、大変にエコなMini 100が新登場です。日本のようにカッパーラインからファイバーに代わっている固定電話なら、このIP PBXがそのまま使えるケースも多いと思われます。
2009年05月15日
EFiXをご利用の皆様へ緊急のお知らせです。

Mac OSX のニューリリース 10.5.7がダウンロードできるようになりましたが、この新バージョンのMac OSXにアップデートする前にEFiXのファームウエアを3.6.10以降にアップデートする必要があります。

ファームウエアが3.6.9以前のままで、OSXを10.5.7にアップデートすると、OSXは起動できなくなります。
2009年04月03日
EFiX公式フォーラムで告知がありましたように、現在、EFiX製造元のArt Studios Entertainment 社では、EFi-X V1.1 のリリースを準備中です。我々、SZ Express でも、その移行を準備中でございます。

SZ Expressショップカート、秋葉原ヨシバムセン特設コーナーともにEFi-X V1は完売とさせていただきます。

現在、EFi-X V1.1を準備中ですので、いま暫く、お待ちいただけるようお願いいたします。発売準備が整いましたら改めて本サイトで通知させていただきます。なお、お問い合わせフォームで、予約も承っております。

皆様に於かれましては大変ご不便をお掛けいたしますが、よろしくご理解の程お願い申し上げます。

2009年04月02日
LEDの看板、名札を始めとして、LCD応用のデジタルサイナージ端末などのコーナーを開設いたしました。

とりあえず、LEDの名札、看板からご紹介いたします。
2009年03月01日
EFiXの支払い方法として、従来の銀行振込とPayPalによる先払いに加えて、宅配業者による代金引き換え決済 (代引き決済)を3月1日より開始いたしました。

代金引き換え手数料が送料の他に必要となります。全国一律170円です。
2009年02月20日
2月19日発売の週間アスキー増刊号でEFiXが紹介されましたが、そこに表示されている価格は、取材が価格改定が行われる前であったため、旧価格で表示されております。現在の価格は21,800円(送料別)となっております。お詫び申し上げます。
2009年02月16日

デジタル製品の流通データで権威ある、BCNランキングに、EFiXの製造元のArt Studios Entertainment Media社CEOのデイビッドルチリアーノ氏とのインタビューが掲載されました。EFiXのみならず、今後の製品戦略なども語っています。

http://mkt.bcnranking.jp/news/detail.html?id=13155


写真はデイビッドルチリアーノCEO (BCNランキングから)
2009年02月15日
今回製造元の価格ポリシーの変更を受け、2月15日から価格を改訂させていただくことになりました。21,800円(送料別)となります。秋葉の店頭渡の価格も同様に変更させていただきます。
2009年02月02日

EFiX のユーザーミーティングが無事終了いたしました。開発元のArt Studiosのマネージメント、ユーザーの皆様が忌憚ない意見交換をすることができたようです。遠くからお越し頂いた皆様に感謝いたします。

なお、下記オフィシャルページにその際の様子がレポートされております。英語ですが、参考にしていただければと存じます。

http://forum.efi-x.com/viewtopic.php?f=51&t=1783&start=0&sid=33f83289568367fd025a8a1014fddd34